会社沿革

経営方針社長挨拶経営理念|会社沿革|会社概要パンフレット

河津建設株式会社 会 社 沿 革

昭和25年08月01日  河津組創業
昭和29年10月01日  河津組土木建築業県知事登録(責任者 河津藤一郎)
昭和31年02月24日  河津産業株式会社に組織変更(代表取締役:河津藤一郎)
昭和39年01月08日  河津建設株式会社に社名変更
昭和42年12月28日  建設大臣登録へ変更(一般土木工事・建築工事業)
昭和48年09月06日  建設大臣許可(特定土木工事業・建築工事業)
昭和50年03月06日  住所変更移転(大分県日田市三芳小渕町151番地)
昭和52年02月09日  建設大臣許可(一般舗装・造園工事業を追加)
昭和54年09月05日  大分県知事許可に変更
昭和57年09月05日  大分県知事許可(特定土木・建築・とび土工・舗装・造園工事)
昭和57年12月20日  一級建築士事務所(大分県知事許可)登録
平成02年02月02日  特定造園工事業(大分県知事許可)を廃止
平成02年04月02日  河津藤一郎(代表取締役会長)・河津 武(代表取締役社長)
平成12年03月25日  河津 武(代表取締役会長)・河津一廣(代表取締役社長)
平成14年01月17日  ISO 9001:2000認証取得
平成16年04月20日  河津龍治(代表取締役社長)
平成16年04月28日  大分県補修・補強協会設立(正会員)
平成16年05月28日  福祉事業部設立 (ケアマンションひだか)

 

平成19年5月8日 亡き会長の三回忌にて

 亡き会長の三回忌を迎え、今の現況を少し話したいと思います。
父を亡くして、一ヶ月も経たずに伯父を亡くした時は呆然としましたが、50数名の従業員とその家族のことを考えると、悲しんだり、悩んだりと、立ち止まっている暇も余裕もありませんでした。
 
 まず全社員を集め、今までの会社は河津藤一郎、河津 武に頼った個人商店だったのですが、これからは組織で動き、社員一人一人が頑張ったら頑張っただけ報われる、本当の企業を目指そうと喚起し、『家業から企業へ』という目標を掲げました。
 今まで部長だった方を、専務や常務に任命し、社内の体制を固めると共に、一般社員も頑張れば、身内や親戚以外からでも役員に成れることを実践し、社員のやる気を施しました。
 またしっかりした経営理念を示し、私自身トップセールスマンとして、自ら先頭に立って頑張ってまいりました。
河津家の河津建設㈱ではなく、社員みんなの河津建設㈱という気持ちを植え付け、社員一人ひとりのやる気を出させました。
 そのおかげで、平成18年度は経営事項審査の総合評点や売り上げも日田市内ではトップとなり、名実共にナンバーワンの建設会社になることができました。
 しかし皆さん方もご存知のように、建設業は公共事業も半減し、談合問題も重なり、嘗てないほど大変な時代になりました。他人にも厳しかったが、自分自身に対してはもっと厳しかった先代の教えを守り、社業発展のために尚一層頑張る所存であります。